こうもり駆除の流れとは

category01

こうもり被害に悩まされている場合、自分で忌避剤をまいたり、超音波を発生する機械を使ってこうもり駆除を行っている人もいるかもしれません。ただ、こうもりは一度追い出しても侵入口をきちんと塞がないと、再度侵入してしまい、被害が拡大してしまう可能性もあります。

評判が高いコウモリ駆除情報が揃っています。

そういった場合には、こうもり駆除の専門家に依頼をすると、効果的に駆除することができます。



こうもり駆除の方法は、被害の状況や建物の広さなどによっても異なりますから、事前に現地の状況を細かく調査をしながら、最善の方法を検討していきます。
こうもりというのは、鳥獣保護法によって捕獲は原則禁止されています。

そのため、駆除業者も捕獲をするのではなく、建物から追い出して侵入経路を絶つことが基本となります。
追い出す方法は、専用の煙霧機を使って煙をたき、天井裏からこうもりを追い出していきます。

超音波を発生する機械を併用することで、効果的に家の中から追い出すことができます。



こうもりを追い出した後は、天井裏やベランダにある大量の糞を除去・清掃していきます。
糞にはダニやノミ、雑菌などが繁殖するおそれがありますから、徹底的に除去することが大切です。


天井裏などに住み着いていたこうもりは、柱や壁、断熱材などの隙間を寝床としていることが多いため、巣となっているものを除去して処分する必要があります。


糞などを取り除いた後には、においを消すために消毒を行っていきます。


再度こうもりが侵入しないように、建物の隅々までくまなく侵入経路を調査し、徹底的に穴を塞いでいきます。

害獣駆除のわかりやすい情報

category02

こうもり駆除をするにあたって気を付けなければならないこととして、場所別に駆除の方法が異なるという点が挙げられます。もし、違った駆除方法で駆除を行ってしまうと、効果が薄れてしまう可能性が非常に高いですので、正しい駆除方法で駆除をしましょう。...

subpage

害獣駆除について情報

category02

日本に生息しているネズミは、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類で大部分を占めています。雑食性のネズミは過酷な環境でも生き延びることができ、身体を順応させながら繁殖を続けているため、「ネズミ算式に増える」などという言葉も使われるほどです。...

subpage

害獣駆除の意外な真実

category03

もしネズミの被害に困っているのであれば、ネズミ撃退超音波を使用して対策をすることをお勧めします。この方法は、基本的にネズミ被害の初期被害に非常に効果的です。...

subpage

害獣駆除の注目情報

category04

家にネズミの気配があっても、退治の仕方や対策法が分からないと悩む人は少なくありません。ネズミ捕りや粘着シートが良いと分かっていても、捕まえたネズミの処分に抵抗があり、なかなか踏み切れないという人もいます。...

subpage